ゆずのはたけ

ネタバレには十分注意なさってね。

「アイアンマン」~2人の男の再生物語~

スポンサーリンク

f:id:kurage5338:20210214080430j:plain

出典:「Pexels

作品情報

2008年アメリカ。上映時間126分

ジャンル:アクション

監督:ジョン・ファヴロー

脚本:マーク・ファーガス、ホーク・オストビー、アート・マーカム、マット・ホロウェイ

出演者:ロバート・ダウニー・Jrグウィネス・パルトロー、他

原作:マーベル・コミック「アイアンマン」

あらすじ

 トニー・スタークは巨大軍需産業、スターク・インダストリーズの社長であり、軍需産業による平和を信念としていた。自らが開発したクラスターミサイル「ジェリコ」のプレゼンのため、アフガニスタンを訪れるがテロ組織に拉致されてしまう。

 スターク社製武器を狙うテロ組織は解放条件にジェリコの組み立てを要求。トニーは命の恩人ホー・インセン博士と共にジェリコの組み立てるふりをしながら、パワードスーツ「マーク1」を開発する。パワードスーツ、博士の命を犠牲に無事テロ組織から逃げ出したトニーは価値観を改め、武器開発の停止を宣言するが…。

知ると倍!? 映画が楽しくなる知識

 普通、映画は台本ありきだが、本作はシーンに合った動きなどを優先したため、アドリブが多用されている。もはや伝説と呼んでも過言ではない感動的なラストシーンももちろんアドリブ。

 今回も知っておくと映画が倍楽しめる要素を2つご紹介。

命の恩人・バーガーキング

 終盤、トニーがバーガーキングのチーズバーガーを片手に会見を開くシーンがある。食べながら会見をする非常識さはさておき、何故バーガーキングハンバーガーなのだろうか。バーガーキングがアイアンマンのスポンサーだったことともう一つ、深い理由がある。

 主演のロバート・ダウニー・Jrが重度の麻薬中毒者だったことはよく知られている。彼が麻薬をやめるきっかけとなったのが、なんとバーガーキング。麻薬の影響で好物のハンバーガーの味が分からなくなり、彼は大きなショックを受けた。そのショックは持っていた麻薬を全て海に投げ捨てたほど。

 ちなみに奥さんであるスーザン・ダウニーは「麻薬とお酒を断つこと」を条件に結婚を承諾している。ほかにも500ドル(約5万3,500円)より高いものを買うときは許可が必要で、理由は下記の通り。

「中年の危機みたいなバカな買い物をしてもらっちゃ困るから電話して」(引用:Wikipedia日本語版「ロバート・ダウニー・Jr」2021年1月22日 (金) 07:45 UTC

 ダウニー・Jrかわいい。

 背が低いのを気にしてハイヒールを履いていたり、スマホの中に大量の愛猫写真を保存していたり…。

 ダウニー・Jrかわいい。

カメオ出演だらけ

 映画の醍醐味の一つはカメオ出演者を探すこと。私の知る限り、1本の映画につき、カメオ出演者は1人だけだった。しかし、アイアンマンは3人もカメオ出演している。

1.ジョン・ファヴロー

 今作の監督。

 役柄:トニーの運転手、ハッピー・ホーガン。

2.スタン・リー

「アイアンマン」の原作者であり、本作の製作総指揮者。

 役柄:物語中盤のパーティーでトニーの肩を叩く老人。

3.ピーター・ビリングスリー

 本作のエグゼクティブプロデューサー。

 役柄:オバディア・ステインの科学者。

 ※他にもカメオ出演情報があれば、ご一報ください。

最後に

 アイアンマンは主人公トニーが今までの価値観を改め、再スタートを切る物語だ。トニー自体はだらしないし、強くもない。正直、ヒーローの素質なんて一つもない。

 トニーを演じたダウニー・Jrも麻薬中毒者となり、どん底にいた。

制作スタジオ側はダウニーの過去の薬物問題から「どんなことがあっても、彼を雇うことはない」としていたが、原作コミックのファンを公言していたダウニーは、オーディションで他の役者たちを圧倒する役作りを披露。タイトルロールの座を勝ち取った。(引用:Wikipedia日本語版「アイアンマン(映画)」2021年2月11日 (木) 15:51 UTC

 逆風を乗り越え、復活したダウニー・Jrとトニー。最後の台詞はきっと彼らの心の叫びなのだろう。